スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2013の投稿を表示しています

唇が乾く季節 (秋の水分の摂り方)

いよいよ秋らしい陽気になり、肌寒い日がやってまいりました。雨続きのせいでそれほど空気は乾燥している様子はないけれど、汗をかかなくなってきましたし、知らず知らずのうちに摂取する水分量は少なめになっているかもしれません。

野口晴哉さんの『風邪の効用』という本には、「水分を摂る時期ー体質改善の好機」という章があります。(p173~180)それによると、秋には温かい水分(汁、スープ、温かい飲み物)をたくさん摂ると体のバランスがとれてくるとあります。そして、唇の周りの乾きは水分の欠乏を表すと書かれています。

他にもいろいろ、足のほてりや、トイレが近くなっても一回の量が少なく色が濃いというのや、痰の粘度が高い咳だとか、身体のむくみだとかは、実は全部水分の欠乏だと書かれています。トイレの近いのや身体のむくみなどは、まさかという感じですよね。逆だと思っていました。水が不足すると身体が水分を惜しむようになるのだそうです。なんとなくこれなら分かるような気がします。脂肪なんかもそういう風に聞いたことがあります。ダイエットの過激なのをすると、よけい身体が脂肪を蓄え始めると・・・。水にもどうやら同じことが言えるのかもしれません。

また、こういう不足が出てくると、ほうぼう痛むようになるそうです。そういえば、頭痛の時も水分を摂るとよいと何かで聞いたことがあります。

水を1日1リットル以上飲みましょうだなんて書かれたものを、美容系の記事の中にときどき見かけますが、野口晴哉さんの本によると、水分=水でなくてもいいのだそうです。水ばかりを一日に1リットル以上というのは、夏場や運動をしている時ならともかく普段はなかなか難しそうですが、必ずしも水だけでなくてもよいのなら、ちょっとだけ意識していればすんなり出来そうな気がしてきます。上にも書いたとおり、汁物やスープなどを意識的に食事に組み込んだり、温かい飲み物を飲むようにするといいのかもしれません。そして、本格的に暖房器具を使い始める頃になってから、お水を摂ると良いと書かれています。人工的に温めた部屋では空気も乾燥しますし、そうなるとのども渇いてきますしね。なるほど、これなら納得しやすいです。

最近はお弁当箱のラインナップにもスープ用のジャーなどを見かけますので、そういうのを活用するのもよさそうですね^^

眠れなくなるには原因が、ある、さ・・・

いつもの就寝時刻にお布団に入ってはみたものの、あくびは出るのに目は冴える・・・そんな経験の一度や二度は、きっとどなたにもあるのではないでしょうか?今夜のワタクシ、まさにそれ(汗)。

しかしですね、悩みもなんにも抱えておりませんので、眠れない理由ははっきり分かっていたりします。それは、寝る前にうっかり、急須で入れた熱々の緑茶を何杯も飲んでしまったから・・・です。しかも、それを飲みながら、今夜は珍しくテレビもわりと長い時間見てしまいました。交感神経優位状態作りすぎ ^^;

・・・というわけで、もう今夜は眠れそうもないので(笑)、自戒も込めて「眠り」について書いてみることにします。(雑誌などにも時々特集されていたりしますので、わりと一般的な内容ですが、書いてみますね~。)


(覚書)猫に噛まれた時の応急処置

もうだいぶ日が経つのですが、猫に噛まれた際の応急処置の覚書です。

飼い猫と夢中になって遊んでいて、うっかり左手を噛まれてしまいました。かなりグッサリと歯が刺さってしまったようで、痛いのなんの(涙)。今までも軽く引っかき傷を作ることはなんどもありましたが、猫の爪にやられると、患部が蚊に刺された時のように少し腫れて痛がゆくなってきます。今回もまずはその症状が出ました。

血をふき取ってから手をきれいに洗って、傷になった部分をでいつも作っているラベンダーとカモミールの精油を使った化粧水でふき取り、絆創膏を貼っておきました。引っかき傷の時よりは腫れの範囲もやや大きめかな~と思いましたが、この時はまだ我慢の範囲。夕方までそれで過ごしました。

ところが、夕飯の支度を始める頃には絆創膏も邪魔に感じて外してしまい、夜、眠る頃になると腫れが昼間より酷くなり、左手の薬指や手首の辺りまで痛みが出てきました。(噛まれたのは手の甲、左手の小指と薬指の間です。)傷口を絆創膏で塞いでいる間は大丈夫だったのに、外してしまったら一気に悪化してしまったみたいでした。指輪も外さないと辛いくらい…。

ネットで調べると、「猫に噛まれたら病院へ!」と書いてある…。膿を持って腫れるし、痛みも酷くなる、感染症の恐れも…というわけです。しかしすでに夜中。

仕方がないので、もう一度、今度はラベンダーとローマンカモミールの精油をセントジョンズワートの軟膏に混ぜて傷口に塗り、痛みのある薬指と手首にはローズマリーの精油をオリーブオイルに溶いて塗布しました。それから手を動かすと傷むので、清潔なシルクのハンカチ(ガーゼや包帯がなかったので代わりのものとして使用)に保冷剤を巻いてから患部にあて、眠っている間に変に動かせないよう手首と手を縛って固定し、エキナセアとセージのチンキを水で薄めて飲みました。

セントジョンズワートの軟膏は創傷治癒効果があると言われているもので、自分で作っておいて、ちょっとした切り傷にはいつもこれを使っています。エキナセアとセージのチンキは免疫力アップや殺菌効果のあるハーブをアルコールに浸出させたもので、いつもは主に風邪の予防に使っています。これを、お水を入れたボトルやコップと一緒にベッドサイドに置いておき、夜中に起きた時にも水に薄めて飲みました。

ローズマリー精油は鎮痛作用があると言われているので、傷口…