スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

少しの頭痛を和らげるハーブティー

ずいぶんと久しぶりの更新になりましたがいかがお過ごしでしょうか。春は暖かくなったり寒さが戻ってきたりと、気候の変化もなかなか忙しい季節ですよね。ウキウキしてうっかり薄着のままでいたりなんかすると、案外すぐに風邪を引いてしまいやすいので服装にも注意が必要です。眠るときもそばに1枚追加できるブランケットなどを用意しておくといいですよね。

  また、春は新しい環境に身を置いたり、新しい物事が始まったりする季節でもあります。嬉しい気持ちも手伝って、ついつい気合を入れすぎてしまったり張り切りすぎてしまったりして、気がつくとちょっとくたびれていた~なんてことも・・・。

  そんなことが重なると、風邪なのか疲れなのかよく分からない頭痛やモヤモヤが起こることがありますね。気分はとってもいいのに、身体のほうは「ちょっと休んでよ~」と言っているような感じ・・・とでもいうのでしょうか。

  ちょっと今日はいつもよりくたびれたなぁ~と感じる日は、就寝前にカモミールティーを飲んだり、枕元にラベンダーの精油を1滴垂らしたりして眠ります。たったそれだけでもぐっすりと眠れ、翌朝はすっきり。カモミールのティーバッグとラベンダー精油はわが家の常備品です。

 たくさん眠ったはずなのにちょっと頭が重いなぁ・・・痛くなりそうな気配があるなぁ・・・という時は、ティーバッグではなく数種類のハーブをブレンドしてお茶を入れてみます。組み合わせるのはその時の自分の状況により様々。

  ぐっすり眠れているし、気分も悪くないけれど、身体だけちょっと疲れ気味・・・。そんな時はリラックスできるハーブを選んでブレンドしてみます。例えばカモミールと、ハーブのラベンダー。香りも味わいも優しい組合せです。

 カモミールやラベンダーだけでも頭の重いのが和らぐときもありますが、もう少し痛みに対して何かケアしたいなぁ・・・という時にはスカルキャップもひとつまみ。(フィーバーフューなどでも。)

  スカルキャップはシソ科の多年草のハーブで、ネイティブアメリカンが使用していたとされるハーブです。スカルというのは骸骨のことなので、ちょっと変わった名前のハーブですよね。どんな植物なのか興味のある方は、こちらの東邦大学薬用植物園の見学記でご覧いただけます。

 3種類をブレンドしたハーブティーはこのような色合い。蜂蜜を入れて飲むと美味しい…